まずは3回戦を突破し、決勝トーナメント進出を目指す。|ジュニアアスリートプラス

こちらの記事もどうぞ