昨年を超えるベスト8へ。そして、甲子園を目指す。|ジュニアアスリートプラス