チャレンジャーとして勝つことを目指して戦いたい。|ジュニアアスリートプラス